HOME
  • 12種類の素材紹介
12種類の素材と生産者との出逢い。
春から秋にかけて、北海道に縁のある素材と生産者を訪ね、旬の素材のおいしさに触れました。北海道の果実たちは、夏も涼しく、昼と夜の寒暖差が大きいことから、酸味と甘みのバランスがよく、それぞれにしっかりと個性を感じるのです。そこには、素材を育む、たくさんの豊かな自然やきれいな空気、おいしい水と絶え間ない生産者のこだわりがありました。
  • 12種類の素材紹介
    • 果実ゼリー12種類の素材紹介
  • 12種類の素材と生産者との出逢い。
  • 春から秋にかけて、北海道に縁のある素材と生産者を訪ね、旬の素材のおいしさに触れました。北海道の果実たちは、夏も涼しく、昼と夜の寒暖差が大きいことから、酸味と甘みのバランスがよく、それぞれにしっかりと個性を感じるのです。そこには、素材を育む、たくさんの豊かな自然やきれいな空気、おいしい水と絶え間ない生産者のこだわりがありました。
  • ハスカップゼリー
  • ハスカップ
  • 北海道の希少な果実「ハスカップ」。木ごとに複雑に味わいが違う甘酸っぱい果実を混合。
  • 赤しそゼリー
  • 赤しそ
  • 北海道の洞爺湖周辺は、道内屈指の『赤シソ』産地。濃い紫色が光る葉は栄養たっぷり。
  • すずあかねゼリー
  • いちご(すずあかね)
  • 北海道生まれの四季なり品種「すずあかね」。生産量は北海道が全国一。しっかりとした果肉はゼリーにぴったり。
  • りんごゼリー
  • りんご(ハックナイン他)
  • 北海道で開発されたりんご「ハックナイン」。さわやかな酸味の果実は、果汁もたっぷり。
  • 赤肉メロンゼリー
  • 赤肉メロン(ルピアレッド)
  • 北海道内の赤肉メロンの代表品種「ルピアレッド」。濃いオレンジ色の果肉はとても甘い。
  • 黒ぶどうゼリー
  • 黒ぶどう(パッファロー)
  • 北海道が最大の産地である「バッファロー」。そのまま食べてもおいしく、香りのよい人気の品種。
  • 白ぶどうゼリー
  • 白ぶどう(ナイアガラ)
  • 日本の最大産地である余市の「ナイアガラ」。芳醇で高貴な香りの果汁はワインにも使用されるほど。
  • ブルーベリーゼリー
  • ブルーベリー
  • 日本では北海道にはじめて導入された「ブルーベリー」。多品種の果肉をブレンドした奥深い風味。
  • ミニトマトゼリー
  • ミニトマト(キャロル7)
  • JA新おたるの最高級ミニトマト「キャロル7」。完熟した糖度8%以上のトマトのみ使用。
  • プルーンゼリー
  • プルーン(サンプルーン)
  • 北海道の中でも主力品種である「サンプルーン」。濃厚な甘さと酸味のバランスがよく、ミネラルも豊富。
  • さくらんぼゼリー
  • さくらんぼ(水門)
  • 小樽で発見された在来品種の「水門」。やわらかい果肉は甘みと酸味が好バランス。
  • なしゼリー
  • な し(千両なし・ブランディーワイン)
  • ほぼ北海道で栽培される「千両」と「ブランディーワイン」。やさしい甘みがありジューシーな味わい。