北海道珠玉の果実ゼリー タイトル
    HOKKAIDO 12 JEWEL JELLY
HOME
  • しっかり果肉
    「すずあかね」の秘密!?
    しっかり果肉「すずあかね」の秘密!?
< 取材協力 >細川農園
細川隆幸さん
  • 北海道生まれの四季なりいちご「すずあかね」を栽培。JA長沼の青年部に所属。
  • 北海道生まれの四季なりいちご「すずあかね」を栽培。JA長沼の青年部に所属。
しっかり果肉
「すずあかね」の秘密!?
< 取材協力 >細川農園
  • 細川隆幸さん
  • 北海道生まれの四季なりいちご「すずあかね」を栽培。JA長沼の青年部に所属。
  •  北海道生まれで生産量も全国一の四季なりいちご「すずあかね」。このいちごの生産者の一人である長沼の細川農園の細川さんのハウスを訪問したのは、2015年秋の終わりでした。既にコートを着ないと寒く、こんな気温の中でいちごは大丈夫なのか…そんな気持ちで札幌から一時間ほどの長沼まで。
     到着してハウスに入ると、一変して夏のようなあたたかさ。そこには、腰くらいある高くなった土の棚に、たくさんのいちごの株が植えられ、ところどころに艶のあるいちごがキラキラと光っていました。
    IMG_9775

     細川さんがいちごの栽培をはじめたのは、26歳のとき。長沼町でいちごの取組みがはじまったときに、やりたいと思ったことがきっかけだそう。最初の3年は、全く収穫できませんでしたが、町をあげて、たくさんの農家で取組みがはじまったので、いつか“いちごといえば長沼”と呼ばれることを夢見て、諦めずに奮闘した日々だったと振り返ってくれました。「毎日、4時半に起きで、手作業でいちごをひとつひとつ摘みとりし、茎もきれいに整えるんです。これが結構手間がかかる作業で苦労するんですけど…いちごを作るのが大好きなんですよね。」と細川さん。
    IMG_9748

     実際に試食した「すずあかね」は、甘酸っぱくってしっかりとした食感の果肉。ちょっと固いのは、出荷してお客様が食べる頃に一番熟したいい状態で食べてもらえるよう調整されているのだそう。
     この日は、試作のいちごゼリーを持って訪問していたので、細川さんに試食してもらいました。「おいしいです!いちごの味そのまま。こんなゼリーにしてもらえて…作っていてよかったですし、新たな目標もできました。今度は、使ってもらっているものを最大限いいもので出そうという気持ちになりました。自分がそこに関わっているということがとにかく、うれしいですよね。」と笑顔で答えてくださいました。
    IMG_9782